一房50万円のぶどう!!、、、の裏で決して語られない現実。

石川県で、ブランド化を実現したぶどう、

「ルビーロマン」

 

石川県にお住まいで、ほとんどの方はこの名前を知っているのではないでしょうか??

それは、値段が半端ないのがインパクトがあるんでしょうね。

 

去年は、初競りで30万円!!

一昨年は、50万円だったかな??

一粒約2万円!!

 

こういう情報はテレビや、他のメディアでたくさん報道されてます。

 

さて、本題。

 

石川県で最大のぶどう産地でもある高松町。

もちろん、ルビーロマンを栽培されている農家さんはたくさんいらっしゃいます。(うちの竹中ぶどう園も!!)

これだけ、テレビで盛り上がりを見せてるぶどう産地の現状は、、、

ぶどう畑栽培放棄地
ぶどう畑栽培放棄地

 

草が天井に付かんとしています。

ぶどうの房が管理されず、樹の元気を奪い続けています。

肥やしが少なく、余計に、樹が弱まります。

 

これが高松町の現状。

全部の畑がこういう状態ではないですが、これから、後継者不足でどんどん放棄が増えていきます。

 

メディアが伝えない負の情報。

県のルビーロマンの力の入れようはひしひしと伝わってきますが、こういう話しは1回も耳にしたことはありません。

 

 

じぶんが産まれたころは、高松といえば、ぶどう畑だらけ!!

海、太陽に映えるビニールハウスの光景がとても好きです。

高松町の夏の風物詩ですね。

 

それが、減り続ける現状。

 

どの産業でも後継者問題があると思います。

 

自分は、この光景が見えなくなるのは嫌です。

ぶどうによって、どれだけの笑顔が産まれてきてるか??

子供から、お年寄りまで好きな人が多い「ぶどう」

 

なくしたくはないです。マジで。

 

ビニールハウスも、ぶどうも、笑顔も。

 

 

「自分に出来ることは何か??」

 

 

去年の冬から考え始めた矢先、ぶどうを止める方のハウスを借りる話しがありました。

しかし、他の仕事をしていて、うちの父ちゃん、ばあちゃんの2人では、うちの面積で手一杯。

自分が入れば、、、

 

そして、その時はできませんという結論に至りました。

今、思うと、ただビビってただけ。

誰かがするだろう。

別になくなったって、自分には関係ないや。

 

と、ビビってた。

 

 

誰かがしてるだろうとつい先日に畑に行くと、この現状。

初めて、ぶどうの声というか、感情が伝わってきました。

 

「なんでいつもの人は毎日来なくなったんだろう?」

「ビニール張らないのかな?」

「このままだと、ぶどうならないよ??」

「もしかして終わり???」

 

その場所が泣いてました。

地面、空、鉄パイプ、ぶどうの木。

全てがです。

 

これを伝えてくれた瞬間に、じぶんの無責任さを痛感しました。

 

直ぐに、去年までぶどうを栽培していた方の畑に行き、

来年から、やりたいです、お願いします!と。

地権者の方を紹介していただき、自分にやらせてください!と。

 

お二方とも、快諾していただき、弱ったぶどうがどこまで回復するか分かりません。

ルビーロマン栽培マニュアルはありますが、放棄地から復活マニュアルなんて、ないです。

 

信じるは、ぶどうの力。

 

自分は、ぶどう農家ですが、ぶどうを栽培出来るわけではありません。

ぶどうをならせるのは、ぶどうの木なんです。

甘くさせるのも、ひとを笑顔にさせるのも、ぶどうの木。

自分は、ほんの少し手助けをしているんです。

 

主役はぶどう。

 

この畑に、再び笑顔が戻る手助けをこれからしていきます。

 

自分一人では、けっして出来なかったことです。

 

父ちゃん、ばあちゃん。

行政の方々。

竹森さん(同じぶどう農家で、めっちゃ美味いぶどうありますよ→

http://www3.spacelan.ne.jp/~masanobudo/)

こんな夢話しにいつも付き合ってくれる彼女。

元園主の真田さん。

地権者の山本さん。

まだまだ名前を紹介出来てないですが、本当にたくさんの方に感謝です。

 

これが第1歩目。

 

これから始まるプロジェクトを勝手に、

「高松ぶどう road to 日本一」

と名付けます。

 

「うちのぶどうは一番や!」との声は聞いたことがありますが、

「うちのぶどうは日本一や!」とここらで聞いたことがありませんでした。

抽象的では楽で甘えてます。

現実的に行きましょう!!

でっかくいきましょう!!

 

高松ぶどう日本一!!

 

これを生産者、高松に住んでる方々、石川県民が、

石川県といったら、ぶどう!!

との声が耳に入ってくるまで言い続けます。

 

ぶどうの木、能登ワイン、高松ぶどう、これだけぶどう関連のことがある石川県が、ぶどうで盛り上がるのを夢に見て。

 

 

ありがとう♫