堆肥がどんな役割するん?

堆肥と言っても、牛糞、鶏糞、バークなど、たくさん種類があります。

うちは、ぶどうの剪定した枝を、微生物の力によって堆肥化しています。

その土地で出来たものは、その土地に還すという考えです。

 

それが、ぶどうと地面に優しい気がするからです。

分かんないですよ??

人が美味しいと感じる食べ物って、地元の慣れ親しんだ味を特にそう感じるらしいです。

 

地面の中には、目に見えない微生物と、葉っぱなどの有機物、小さい虫などが共存しています。

堆肥はそれらの住処になったり、肥やしを吸着して、適度に植物に吸わせ、自らが、微生物によって分解され、栄養になっていきます。

 

なんか今日は真面目なことばっかだなって??

これは、全部本からの抜粋です!!

確か、現代農業だったかな??

 

農業の月刊誌があるのが、農業を好きになった時の一番最初にビックリしたことだったことです。

めっちゃピンポイントですやん!

読んだらこれが面白くて、いまではこうして知識になってます。

 

へっ。へっ。へっ。

 

ありがとう♫